Blog&column
ブログ・コラム

ケアプランを作成する目的とは

query_builder 2024/02/01
コラム
1

高齢化社会となる現在、病院ではなく「住み慣れた自宅で最後まで自分らしく過ごしたい」と考える人も少なくありません。
その際、最適な在宅医療を受けるためにも必要不可欠なのがケアプランです。
今回は、ケアプラン作成の目的について紹介します。
▼ケアプランを作成する目的
■在宅医療に関わる全員への情報共有
自立した生活を送るためには、利用者にどのような課題があるのか、ケアプランを作成することで明確化できます。
計画書はケアマネージャーが作成し、訪問看護だけでなく利用者を支えるスタッフ間との情報共有に繋がります。
ケアプランを通じて、目的を明確化しより良いサポートを行う事が目的の一つです。
■利用者・家族の変化に寄り添う
ケアプランは、最初に作成した計画内容をそのまま継続するだけではありません。
なぜなら、利用者の体調変化や家族の仕事、またプライベートの変化などに合わせる必要があるからです。
カンファレンスを行い、利用者が自立できるよう実態に合わせたケアプランへと見直します。
計画に基づいたサービスを提供することで、安定した在宅医療の質を保つことが大切です。
また、利用者や家族間で疑問・不安がある時は、早めに相談することでより良い支援へと繋がるでしょう。
▼まとめ
在宅医療サービスの利用者や家族の課題をとらえるためにも、ケアプランを作成することで最適なサポートが可能です。
また、状況の変化に応じて柔軟に変更を行うことで、より良い在宅医療サービスの提供につながるでしょう。
中野区にある『まるこ訪問看護ステーション』では、さまざまなケアに対応する豊富な知識と実績のあるスタッフが対応いたします。
在宅医療で不安や悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください

NEW

  • 残存機能を意識した介護とは?

    query_builder 2024/05/22
  • 高齢者の冷え対策のポイントとは

    query_builder 2024/05/15
  • 高齢者の熱中症対策のポイントとは

    query_builder 2024/05/08
  • 高齢者の転倒を防ぐポイントとは

    query_builder 2024/05/01
  • 高齢者ができる脱水症の予防とは

    query_builder 2024/04/22

CATEGORY

ARCHIVE