Blog&column
ブログ・コラム

リハビリ職で得られるやりがいとは

query_builder 2024/02/21
コラム
6
リハビリ職に就きたいけど、自分に向いているのかな?」と、一歩踏み出せない方も多くいらっしゃるでしょう。
リハビリ職は患者さんと密にコミュニケーションをとるため、喜びや感動を分かち合えるやりがいのある仕事です。
今回は、どんな時にリハビリ職でやりがいを感じるか紹介します。
リハビリ職で得られるやりがい
■患者さんが前向きになる
ケガや病気で身体がうまく動かせなくなり、不安や焦りからリハビリに踏み出せない患者さんも多くいらっしゃいます。
そのようなときでも患者さんと心から向き合い、将来の希望に向けてヒアリングを重ねることが大切です。
そして患者さんがリハビリに対して前向きになったとき、大きなやりがいを感じるでしょう。
■患者さんが回復する
リハビリでは患者さんの身体能力や生活環境から、それぞれ適切なプログラムを作成することが大切です。
とても地道な努力が必要ですが、そのぶん多くの時間を患者さんと共有します。
一緒に取り組んだリハビリが結果につながり、患者さんが回復するその瞬間の喜びのために働いている方も多いです。
■患者さんやご家族から感謝される
患者さんやそのご家族とは、リハビリ以外の会話をすることも多いです。
日常の挨拶や趣味の話を通して、距離が近く親しくなります。
そのため感謝の言葉をもらえる機会も多く、日々のモチベーションにつながり、やりがいを感じるでしょう。
▼まとめ
患者さんがリハビリの一歩を踏み出すときから、目標を達成するときまで多くの感動と喜びを経験するでしょう。
長い時間をともにするため、リハビリ職で得られるやりがいは患者さんと向き合うだけ多くなります。
そのため人の役に立ちたい方や、誰かを支えたい方にとっては充実感を得られる仕事です。
中野区を中心に訪問看護サービスを行っている『まるこ訪問看護ステーション』では、経験豊富なスタッフが在籍しております。
訪問看護スタッフとして共に働く仲間を募集していますので、お気軽に連絡ください。

NEW

  • 残存機能を意識した介護とは?

    query_builder 2024/05/22
  • 高齢者の冷え対策のポイントとは

    query_builder 2024/05/15
  • 高齢者の熱中症対策のポイントとは

    query_builder 2024/05/08
  • 高齢者の転倒を防ぐポイントとは

    query_builder 2024/05/01
  • 高齢者ができる脱水症の予防とは

    query_builder 2024/04/22

CATEGORY

ARCHIVE