News

神経難病患者に対するコミュニケーション支援についての勉強会へ参加しました。

令和4年10月7日 さくらクリニック練馬・中野の合同開催における標題の勉強会へ参加してきました。まずは杉並のりんご訪問看護ステーション代表の佐郷谷氏の神経難病患者に対するコミュニケーション支援における手段・工夫・心得について講演がありました。それぞれ具体的にお話しくださり、未知の知識も知ることができました。とにもかくにも患者は一人一人の背景があり、同じ人はいないこと、その人に対する想像力をフルに働かせ、どのような手段や工夫が必要なのか一生懸命考えることが重要であり、そのためには自分自身の知恵と智慧を元に発想し具現化できるスキルを身につけていきたいと感じました。

後半はさくらクリニック練馬の佐藤院長の具体的なコミュニケーションの方法の紹介でした。ALSの患者さんでエアフリックを使った(透明文字盤を使わない)方法はまさに革新的なもので、この方法を編み出した患者さんはものすごい発想と言わざるを得ません。お互いメリットしかないと感じますが、患者さんにストレスを感じさせず読み取るには努力が必須で、初老に差し掛かっている私もだいぶ苦労していますが早く雑談ができるくらいに会得したいと思っております・・・

 

代表 渡辺律佳

Company

地域密着型のサービスを実現する会社としてアクセス情報の詳細を公開しています

概要

会社名 まるこ訪問看護ステーション
住所 〒165-0033
東京都中野区若宮2-34-19
テラスハウスB
Google MAPで確認する
電話番号 03-6383-0823
営業時間 8:45~17:30
定休日 日曜日 年末年始

アクセス

専門スタッフがご利用者様の目線に立った丁寧なケアを行い、住み慣れたご自宅で安心して生活ができるようサポートいたします。お問い合わせはお電話やメール、フォームにて受け付けておりますのでお気軽にご相談ください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事